カスタムメイド サスペンション

カスタムメイド サスペンションキット
自動車メーカーではクルマのコンセプトに合わせながら無難なサスペンションの仕様になっています。全ての用途を満たすサスペンションを作ることは不可能だからです。
ストリート用のサスペンションでも個人個人の好みで快適な乗り心地は異なり、ましてや、モータースポーツ用となればドライバースキルや走るロケーションによって最適な仕様は大きく異なります。
満足できるサスペンションを求めるならば、用途に合わせてかつ自分に合った仕様のサスペンションが必要になります。
カスタムメイドサスペンションは、用途、好み、ドライビングスキルに合わせて最適なダンパースプリングを個別につくります。

満足できるサスペンションはハードウェアが最重要
微小な入力でも減衰に変換できるように入力が他に分散しない構造や精度が必要で、強大な入力で減衰が上がり過ぎてダンパー硬直(突き上げ)し難い構造であることが重要です。
ハイパワー車両、重量級車両であるほど入力の差が大きくなるため広範囲に減衰できるダンパー性能が要求されます。
これらの性能が高いほどダンパーセッティングも広く繊細にコントロールすることが出来るようになります。
ASSISTでは、ダンパーセッティングの限界を少しでも高くするために
INTRAXサスペンションを採用しています。
INTRAXは、各部の材質と製法が高いレベルで作動するように奥深く工夫されており高精度/高強度です。そのため、ダンパーの動きが微小な時でも減衰力を発生するのでスムーズにクルマの動きを抑えることができて、減衰力を上げても突き上げが発生しにくい構造と相まって使用領域の広いセッティングが可能となります。

= モータースポーツでは =
ドライビングスキルがアップするとコーナリング速度もアップしてサスペンションの適正は変動します。そのためスキルアップすればサスペンションの仕様変更が必要になります。コストや拡張性からコストパフォーマンスが高いです。

= ストリートでは =
既製品では体験できなかったスムーズかつアンチロールを体験することができます。

= スタイルアップにも =
既製品ではメーカーが車高を設定しています。それよりも車高下げると走行中にバンプタッチが早まり突き上げがて乗り心地を損なることになります。
カスタムメイドでは車高に合わせたダンパーストロークにするためバンプタッチによる突き上げを極力避けることができます。

【既製品を選ばない方が良いケース】
 ・既製品の指定車高よりも下げたい場合。
 ・ハードなスプリングレートを使用する場合。
 ・純正タイヤよりワイドサイズまたはハイグリップタイヤを装着する場合。
 ・サーキットをクルージングでは無く、モータースポーツとして走る場合。
 ・既製品の乗り心地に満足できない場合。

【ご注文から装着までのスケジュール】
 1.ユーザーさまとの打ち合わせでご要望内容を確定。
 2.ご注文。
 3.サスペンションキット製作に約6週間掛かります。
 4.サスペンションキット取付/セッティングに約1週間要します。※
 5.完成。

※装着前にダンパーテスターで減衰チェックします。そして取付けデータを記録しながらデザイン通りに装着していきますので、既製品サスペンションとは作業工程が異なり、取付け作業に加えて、計測/調整/調律の作業が増えます。
 

【ダンパーのメンテナンス/チューニングの内製化】

ダンパー性能をデータ化
さまざまな仕様のダンパー検証からダンパー特性を数値化しています。

ダンパーチューニング(仕様変更)
ダンパー技術者がユーザーさまと直接コミュニケーションできることで正確な情報をもとにセッティング出来ることが私たちの一番の強みです。

オーバーホール
オーバーホールが可能です。ドライビングスキルや走るロケーションに合わせて仕様変更を行い定期的にオーバーホールすれば長期的に愛用頂けます。コストパ―マンス的にも有効です。